豊橋市にあるふくい整形外科リウマチリハビリクリニックの股関節・膝・足について

0532-37-0291

0532-37-3291

〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町字笠松33番1

股関節・膝・足lowerlimb

股関節の痛み

急に痛み始めることもあります

股関節の症状は、足の付け根から太ももに痛みを感じることが多いですが、時には膝やお尻まで痛むことがあります。
脚を引きずっていたり、足の長さが左右で違うことも股関節の疾患の可能性があります。
股関節まわりで気になることはお気軽にご相談ください。

代表的な疾患

変形性股関節症
このような症状ありませんか?
  • 関節が痛い
  • 爪切りがやりにくくなった
  • 立ち上がりや歩きはじめた時に足の
    付け根が痛む
  • 靴下がはきにくい など
原因
女性に多いといわれており、子供の時の病気や発達障害の後天性が主な原因とされています。
年齢とともに股関節症を発症する場合もあります。
治療方法
初期の場合は患部の安静、日常生活指導を行います。疼痛が強い場合は痛み止めを中心とした薬物療法、リハビリを行います。
症状が改善されず日常生活に支障がある場合は人工股関節手術などを行います。
特発性大腿骨頭壊死症
このような症状ありませんか?
  • 突然、股関節が痛くなった
  • 歩くのが困難  など
原因
男性はアルコール多飲、女性では他の病気の治療などによって引き起こすといわれており、大腿骨頭の血の流れが止まってしまい、部分的に骨頭の骨細胞が壊死する疾患です。
治療方法
年齢、活動性、内科的合併症などを考慮して保存療法を行うか、壊死してしまった大腿骨頭を人工物に置きかえる、または股関節そのものを人工物に置き換えるか判断し、治療を行います。

膝の痛み

膝にかかる負担を減らすことが大切です

膝の症状は、年齢や病気、ケガといった日常生活が原因となる「一次性」のものと、膝の骨折やねんざ、半月の損傷などが原因となる「二次性」のものに分けられます。
日本では圧倒的に一次性のものが多いとされており、長い期間をかけて膝に負担をかけてしまっています。

代表的な疾患

変形性膝関節症
このような症状ありませんか?
  • 膝に違和感がある
  • 体重がかかると膝が痛い
  • 階段をのぼると膝が痛い
  • 膝が曲げにくい
  • 関節が腫れている
原因
年齢を重ねることで起こる関節軟骨の老化や骨折、膝の外傷などが原因です。
治療方法
生活指導、痛み止め薬や湿布などの外用剤、装具療法、リハビリ、関節内注射などを行い、症状が進行している場合は、関節鏡視下手術、骨切り術などの外科的手術が必要となります。
大腿骨顆部骨壊死
このような症状ありませんか?
  • 夜間や安静時に膝に強い痛みを
    感じることがある
  • 歩きにくくなった
  • 膝関節がまっすぐ伸びない など
原因
はっきりとは解明されていませんが、血流障害が関係していると考えられています。
年齢を重ねるごとに発症しやすくなり、中高年以降の女性に多くみられます。
治療方法
壊死してしまっている部分が小さければ、手術を行わない保存療法が可能です。
年齢や症状の進行度合いに応じて適した治療を行います。

足の痛み

足は痛みが出やすい部位です

足の疾患は様々で、足が冷たい、皮膚の色が悪い、傷が治らないなど、この様な症状は足の血の流れが悪いことが原因かもしれません。それ以外にも、日常生活の中で足は怪我が起こりやすいといわれています。
足の症状でお悩みの方はご相談ください。

代表的な疾患

足関節捻挫
このような症状ありませんか?
  • 外くるぶしの前や下が痛む
  • 外くるぶしの前や下が腫れる など
原因
足関節の靭帯が伸びたり、切れたりすることで痛みが出ます。
スポーツ時、歩行時に足を内返しして起きる場合がほとんどです。
治療方法
サポーターや弾力包帯などで固定を行います。固定期間は様々ですが、2~3週間に及ぶこともあります。また、急性期は冷やすことが重要です。炎症が落ち着いてきたら運動療法なども行い、スポーツへの復帰を考えていきます。
肉離れ
このような症状ありませんか?
  • 運動をしていてふくらはぎに痛みがでた
  • 運動をしていて太ももに痛みがでた
  • 膝関節や足関節を動かすと痛い
原因
筋肉が伸ばされながら収縮すると、筋力に負けて部分断裂が生じることが原因です。
スポーツによるものがほとんどですが、歩行時に踏み出したりして起こることもあります。
治療方法
安静と固定を行いますが、重症度により、弾力包帯やギプスなどが必要となります。
また、外用薬の使用や内服薬の服用も行うこともあります。
外反母趾
このような症状ありませんか?
  • 足の母趾の先が人差し指のほうに「くの字」に曲がっている
  • 母趾のつけ根の関節の突き出したところが痛む
  • 母趾のつけ根の関節の突き出したところが炎症を起こしている
原因
足には縦のアーチと横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になり、母趾の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されておこります。ハイヒールなどのつま先が細い靴は母趾のつけねにかかる力がさらに加わるため変形を強くします。
治療方法
それぞれに適した靴の選択、変形予防のための足趾の体操の指導を行います。必要に応じて足底板などの装具も作製が可能です。
疼痛が強い場合は痛み止めなどの薬物療法を行い、変形が強く日常生活に支障がある場合は手術を行います。
成人期扁平足
このような症状ありませんか?
  • 内側のくるぶしの下に腫れや痛みがある
  • つま先立ちがしにくい
  • 歩くのが難しく感じる
原因
足には体重を支えるアーチ構造があります。年齢による腱の変性や体重の負荷によって、アーチを吊り上げる腱が断裂してしまうことが原因です。
成人期の扁平足は女性に多く発症します。
治療方法
足指を鍛えたり、アキレス腱のストレッチ、アーチサポート付きの足底板を使用する装具療法などを行います。
重症な場合は手術を行うこともあります。
巻き爪
このような症状ありませんか?
  • 爪の端が皮膚に食い込んでいる
  • 食い込んでいる部分が痛い
  • 食い込んでいる部分が赤く腫れている
原因
間違った爪切りや指への過度な負担、合わない靴を履いているなど原因は様々です。多くは足に起こり、痛みを庇う歩き方をすることで姿勢が悪くなり、膝が痛むこともあります。
治療方法
一般的にテーピング固定やワイヤー処置を行います。また、当院では3TO(VHO)式巻き爪矯正を行っています。
完全予約制となっておりますのでお問い合わせください。※処置の内容によっては自費診療となります。