0532-37-0291

0532-37-3291

〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町字笠松33番1

TOPICSTopics

腰の痛み

来院される多くの方は腰痛で悩まされています

腰痛は、日本人が抱える慢性的な整形外科疾患の中で1番多く治療される症状です。
日常生活での負担や筋力低下など、腰に負担がかかり続けると耐え難い鈍痛と常時戦うこととなってしまいます。
早めの治療と日頃の予防を心がけましょう。

代表的な疾患

椎間板ヘルニア
このような症状ありませんか?
  • 腰や臀部が痛む
  • 足に力が入りにくい
  • 下肢のしびれ、痛み
  • 重い物を持つと痛みが強くなる など
原因
椎間板は背骨をつなぐクッションの役目をしていますが、その一部が出てきて神経を圧迫することにより痛みがあらわれます。悪い姿勢での動作や作業、加齢などにより椎間板が変性して起こります。
治療方法
痛みが強い時期には、鎮痛消炎剤、神経ブロックやトリガーポイント注射などにより症状を緩和します。痛みが軽くなれば、運動療法をおこないます。また、コルセットを装着することも有効です。
ぎっくり腰
このような症状ありませんか?
  • 立っていられないほどの激痛
  • 体を少し動かすだけでも痛む
  • 体勢を変えることができない
  • 腰に軽く触れるだけでも痛む など
原因
腰の筋肉の肉離れ、椎間関節のズレや捻挫、靭帯の損傷、関節を包む薄い膜の損傷が原因です。
治療方法
薬物療法やコルセットなどを使用する装具療法、体操などの運動療法をおこないます。また、当院ではプロテックという機械も使用します。
腰部脊柱管狭窄症
このような症状ありませんか?
  • 背筋を伸ばして立つと
    太ももや膝から下に痛みやしびれを感じる
  • 長い距離が歩けない
  • 歩いていると足の痛みやしびれで休みたくなる
  • 下肢の力が落ちる など
原因
加齢や労働、背骨の病気で変形した椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨などによる神経の圧迫から神経の血流が低下することが原因です。
治療方法
薬物療法やリハビリテーション、コルセットの装着、神経ブロックやトリガーポイント注射などを行います。歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術をおすすめする場合があります。